キャッシング審査で嘘は絶対ダメ!その理由とは?

キャッシングは、基本的に無担保・無保証でお金を貸す融資です。
キャッシング 即日会社は、申込者を「信用」してお金を貸しています。
しかし、中には申込内容に嘘をつく方もいらっしゃいます。

どうしても審査に合格したい、内容をよくみせたいと思って、つい嘘の記載をしてしまう。
しかし、嘘はすぐにばれてしまいます。
キャッシング審査を行う担当者は、金融のプロです。
素人がついた嘘を見抜く目を持っています。

あなたは、嘘をつく人を信用できるでしょうか。
多くの方が「信用できない!」と回答することでしょう。
これはキャッシングの審査においても同様です。
借りる方を信用できなければ、お金を貸すことはできません。

次のような項目で、つい嘘をつく方が多くいらっしゃるようです。

○他社の借入状況
他社のことはわからないだろう、と考えるのでしょうか。
しかし、金融機関は「個人信用情報機関」を通じて、一定の情報を入手します。
他社借入なし、と記載しながら実際は複数の借入があることが判明すると、審査では厳しい見方をされてしまいます。

○勤務先や収入などの個人属性
勤務先や年収などの個人属性に対しても、正確に申告するようにしましょう。
勤務先については、「在籍確認」でチェックされます。
年収については、証明書の提出を求められるかもしれません。
なにより嘘をつくことで、何らかの不自然な点が浮かんでくるのです。

申込内容に嘘があると、悪気がなくても審査では非常に不利になります。
申込は正確に、嘘はNGであることを頭に入れておきましょう。

キャッシング審査でみられる属性とは

キャッシングの口コミなどを見ていますと、「属性が低くても借りられました」や「属性が高い方向けかもしれません」などといった記述を目にすることがありませんか?この『属性』とは一体どんなことを指しているのでしょうか。

即日キャッシングの審査というのは、大きく分けて『属性』と『信用情報』という二つの情報から審査をします。この属性というのは、かんたんに言ってしまえば申込者のレベルのようなものです。審査の際には、申し込みフォームに記載した申込者のさまざまな情報について、過去の利用者データの実績と照らし合わせて審査をします。照らし合わせてそれを点数化し、その点数に応じて融資額や融資の可否などについて判断を下すのです。

つまり、その人がお金を貸してもきちんと返してくれる人物なのかどうか?ということを過去のデータをもとに分析して点数化し、審査基準としているのです。例えばどんなものが例としてあげられるのかというと、公務員とサラリーマンだったら、「公務員の方が過去の実績ではきちんと返済してくれていたケースが多い」というデータから、公務員の方がサラリーマンよりも属性が高い、と判断されるというわけです。

この審査基準というのは各社それぞれのデータを元に作られており、そのため金融機関によって点数のつけ方がまちまちなため審査基準に各社の違いがあるわけですが、おおむね、傾向としては同様のスコアリングがされると考えておいていいでしょう。

公務員とサラリーマンを例に挙げましたが、その他にも属性にはさまざまな項目があります。例えば家族構成や固定電話があるかどうか、また済んでいるところが持ち家なのか賃貸なのかなどといったことも審査基準の一つなのです。自身のどのような点が審査に影響するのか、またどうであれば審査に有利になるのか、属性について、もっと詳しく見ていきましょう。

関連記事