キャッシング審査で嘘は絶対ダメ!その理由とは?

キャッシングは、基本的に無担保・無保証でお金を貸す融資です。
キャッシング会社は、申込者を「信用」してお金を貸しています。
しかし、中には申込内容に嘘をつく方もいらっしゃいます。

どうしても審査に合格したい、内容をよくみせたいと思って、つい嘘の記載をしてしまう。
しかし、嘘はすぐにばれてしまいます。
キャッシング審査を行う担当者は、金融のプロです。
素人がついた嘘を見抜く目を持っています。

あなたは、嘘をつく人を信用できるでしょうか。
多くの方が「信用できない!」と回答することでしょう。
これはキャッシングの審査においても同様です。
借りる方を信用できなければ、お金を貸すことはできません。

次のような項目で、つい嘘をつく方が多くいらっしゃるようです。

○他社の借入状況
他社のことはわからないだろう、と考えるのでしょうか。
しかし、金融機関は「個人信用情報機関」を通じて、一定の情報を入手します。
他社借入なし、と記載しながら実際は複数の借入があることが判明すると、審査では厳しい見方をされてしまいます。

○勤務先や収入などの個人属性
勤務先や年収などの個人属性に対しても、正確に申告するようにしましょう。
勤務先については、「在籍確認」でチェックされます。
年収については、証明書の提出を求められるかもしれません。
なにより嘘をつくことで、何らかの不自然な点が浮かんでくるのです。

申込内容に嘘があると、悪気がなくても審査では非常に不利になります。
申込は正確に、嘘はNGであることを頭に入れておきましょう。

関連記事